2016-12-19

My Favorite Dam

DSCF1084.jpg

クヌギ林の向こう側に僕らのベースキャンプがある。

写真をよく見ていただくと木の隙間から三角屋根がチラリと覗いているのが分かると思うのだが、その建物が温泉施設で、それに隣接したキャンプ場がある。キャンプ場の敷地内から湖面まで小径がつづいていて徒歩2分ほどで行き来ができるから、ボートを水辺に繋留したままベースキャンプで休憩を取ることもできる。
湖、温泉、キャンプ場が三点セットで存在していて、それぞれに歩いてすぐ行ける。
釣りとキャンプを愉しむのに、こんな好条件のフィールドなんて、まず滅多にない。

これ以上ないようなロケーションではあるのだが、ある人為的な理由によって、危なっかしくてゆっくりと釣りをすることすらままならないこともある。
この間の一日もちょうどそんなタイミング。それだけがとても残念であった。
ただただ、ダム湖への入水そのものが禁止されるような事態に至らないことを強く願うばかりである。

僕にとって大好きなダムの一つであり、以前から年に数回は通っていながらも、最近まで知らなかったのだが、このダムの竣工が1981年11月(事業完了は82年3月)のことで、なんと自分と同い年のバースデーダムと言えるのである。
なんだかこれまで以上に愛着が湧いてしまった。
次回はバースデーランタンとバースデーアブを持って、釣りとキャンプを愉しみたい。


posted by anydope at 17:08 | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016-11-25

Autumn leaves

DSCF0253.JPG

ルアー制作がひと段落したところで、先日は久々にゆっくりと近所のリザーバーへ釣りに出かけてきました。

ここのリザーバーは10月中旬からの約1ヶ月間が増水期で、11月中旬になる頃には冬季の基準水位、海抜180m付近に達します。そして、ちょうどこの頃に湖周辺の落葉樹が紅葉し始めます。
これから年末にかけての景色がとてもきれいだということもあって、春先と並んで僕の大好きな釣りの季節です。
なかなかブラックバスにはお目にかかれないこれからの季節ですが、このようなリザーバーでは水位の上昇と水温の下降が同じ時期に起きる秋よりも、水位も水温も安定してくる初冬のほうがブラックバスに巡り会えることが多いというのもこの季節が好きな理由の一つです。
それに、ついつい薄着で出かけてしまったがために、予想以上の冷え込みで痛い目に合うこともある秋口よりも、はじめから防寒対策を万全にしていく初冬のほうが寒さを感じることも少なく快適に過ごせます。
自ずと楽しかった思い出も多くて、この時期にまた釣りに行きたいと思うのかもしれません。

今年はあと数回しか釣りに行けないけれど、あと一回だけでもブラックバスの魚体に触れてから年越しを迎えたいものです。
posted by anydope at 17:37 | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016-11-21

BLOG

この度、新たにブログページを設けました。

これまでのブログページは当ウェブサイトのトップページとして、
最新情報をご案内させていただきます。
posted by anydope at 23:23 | Comment(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。